投稿日:

ポケモンGO!を支持する麻生議員

LINEニュースで麻生議員が「ポケモンGO!が引きこもりを外に出した」ことでゲームアプリと引きこもりを支持していることを詠みました。
麻生議員と言えば、オシャレにこだわりの強いイメージがあります。
いつだったかは忘れましたが、コートと帽子で仕事に出向く姿をニュース番組が報道していました。
帽子もコートもオーダーメイドでこだわりが強いことを報道されていました。
でも、麻生議員が青年期の頃の日本は洋装はすべてオーダーメイドだった時代だろうなと思い、ご本人には当たり前の習慣なんだろうなと思いました。
今でこそ、既製品が10,000円くらいでも上下コーディネイトできてしまう時代だから逆にオーダーメイドが高いイメージなんだと思います。
1950~1970年代の手作りの洋服は体に合わせて作られているのがよくわかります。
思えば、日本には生地を作る職人さんや服を縫う張り子さんがたくさんいました。
手に職をもった人がたくさんいたんですね。
自宅に引きこもる人も一つのことを突き詰めることが得意なのかもしれないと飛躍しすぎかもしれませんけど、そう思いました。
ゲームはクリアが目的ではなくどう攻略するかを考える人が多いと思います。
ゲームのバグを調べる仕事もあるので自宅でも仕事ができるようになれば、外で働けないと考える人が稼ぐこともできるんだろうなと思いました。
麻生議員はゲームや引きこもりに関心があるようなので仕事につながるシステムを開発してくれたらいいなと思います。