投稿日:

やれるときにはやるってことが色んなダイエットに!

暑い夏が始まり、ダラダラしてしまうことが多いですよね。
私も暑くてクーラーの中でダラダラしてしまうことがよくありました。
でも、今年の夏はちょっと違います。
先月からどうも体の血流が悪くて、まずいなぁって思ってましたが、体を動かすのが億劫だったんですね。
やらなきゃいけない雑事も後回しになってたりと、なんとなくモヤモヤすることも多いし、これはいけないと一念発起。
それから、朝起きたらやらなければいけないことが終わるまでは椅子に座らないようにしようと思いました。
それにこうしたら効率的に仕事が終わるのではないかということも考えてやるように。
それだけでかなり生活が変わってきました。
最初はぐずぐず、一つやるにも腰をあげるのに時間がかかりましたが、3日、1週間、1か月としているうちに習慣づいてきて、今はやらないと気持ち悪いという具合になってきました。
そのおかげで、まず悪かった血流が治って、よく汗もかくし自然とダイエットになっているみたいです。
グズグズやってたことも、やってしまえばスッキリで、これは精神衛生上かなり良かったと思います。
そして工夫して手間を惜しまず動くとお金のダイエットにもなり、先月は少し予定していたよりもお金が浮いたのです。
これはご褒美として、子供と一緒に美味しいパフェを食べるということに使いました。
これは色んな効果を生んだので、今後も続けていけたらなぁと思っています。

http://xn--50-4n4a744kvnehxc7uit90f40g.com/

投稿日:

ペットを大事にする方は多いですが、水素水を用意すると良いことです。

家族のひとりとして長生きを望むなら水分補給には水素水を出しましょう。
しかし、見てほしいものはミネラルに関しては含まれていないものを選びましょう。
殆どのペットは問題ありませんが、調子が悪いとミネラル 続きを読む ペットを大事にする方は多いですが、水素水を用意すると良いことです。

投稿日:

背中で「ミーンミーン」 セミ大パニック!

仕事が終わり最寄りのコンビニでお弁当を買った家路での事でした。
並木道を自転車で走っていると、背中に何かが当たった感触がありましたが、気のせいだと思いそのまま家に向かいました。
自転車小屋につき鞄を肩にかけると、「ジリリリ」と何かが鳴く音が聞こえました。
「え?え?」と半ばパニックになりながら、とにかく家に入り背中を鏡で確認しました。
なんと!大きなセミが背中についているではありませんか!大の虫嫌いな私はもう大パニックです。
意味不明な言葉を叫びつつめちゃくちゃに腕や体を動かしました。
そうすると、セミもパニックになったのか背中で「ミーンミーン」と鳴きだしました。
「ぎゃ~~~~~!!!!」と叫びながら、なぜか傘を手に取り、おもてへでました。
無我夢中で走っていると犬の散歩をしているお兄さんがいたので、大急ぎで傘を振り回しながら近寄りました。
お兄さんも傘を振り回しながら何か叫んでいる女を見て、驚いて後ずさりをしていました。
とにかくお兄さんのところにたどり着き「せ、背中にセミついてませんか?」と勢いよく聞くと、「つ、ついてませんよ。
」とお兄さんは言いました。
走っているうちに飛んでいったんだとほっと胸をなでおろし、お兄さんに謝り家へ戻りました。
ドアを開けると、キッチンの前にセミが転がっているではありませんか・・・。
私のさっきの全力疾走はなんだったんだと妙に冷静になってきた私は、そっと空き箱をかぶせすべてなかった事にしました。
さて、お弁当を食べようと思いましたが、買ってきたはずのお弁当が見当たりません。
家中を探すと、なぜか押し入れの中にありました。
どんだけパニックだったんだよ、私・・・ともう気が抜けてひょろひょろでした。
セミは翌日、大家さんに手伝ってもらい外へ解き放ちました。

アスタリフト年齢について詳しいサイトはこちら

投稿日:

サッカー応援遠征を兼ねた、家族旅行!

我が家では、1年に1度、国内に家族旅行に出かけることにしています。
それもただの家族旅行ではなく「応援するJリーグのサッカーチームのアウェイ応援を兼ねた、家族旅行」です。
なので、Jリーグの試合日程が発表されると、今年の旅行先はどこにしようか、なるべく今まで行った事のない旅行先にしよう!などと、家族会議が始まるのです。
そんな訳で、今年は先日、岩手県は盛岡市に応援を兼ねた家族旅行に行ってきました。
メインは応援なので、観光地は盛岡市に限られます。
宿泊するにしても、時間も試合時間に合わせて組んでいるので、限られています。
なので、現地に到着したら、ひたすら観たいところを日が暮れるまで観て廻ります。
市民の憩いの場になっている、盛岡城跡や盛岡市の街並みを堪能した後は、お楽しみの盛岡三大麺を堪能!のつもりだったのですが。
じゃじゃ麺と、盛岡冷麺をいただいた時点で、夫が『わんこそばはもうお腹に入らない!』とギブアップしたので、肝心なわんこそばは食べられなかったのですが。
じゃじゃ麺は冷たい面かと思っていたら、ほんのり暖かい麺で、しかもコクのある甘味噌がとても美味しくて、しかも普通サイズなら500円程度とリーズナブル。
盛岡冷麺は、コシのある麺とピリッとしたキムチが特徴的で、こちらも美味しかったです。
結局、ホテルに着いたのは日が落ちた頃。
翌日は、13時キックオフだったので、シャトルバス発車時間ギリギリまで、盛岡市内のレトロな名所や縁のある人物の名所などを求めて、ひたすら歩きました。
周遊バスもあったのですが、歩いた方が、街並みも堪能できて楽しくそれもまた旅の醍醐味だと思っているからです。
肝心な試合は引き分けに終わりましたが、負けずに済んだだけ良かったと思う事にし、盛岡の素敵な街並みを胸に刻んで帰途につきました。
来年はどこに行くことになりそうか、今から楽しみです。

キレイモ京都の詳細情報はこちらのサイトがおすすめ