喪中の方にお歳暮を出すならば紅白の水引やのし紙を付けないでもらうなど

考えて贈ることが大事です。一年の恩返しとして贈るものですから喪に服しているかは関係ないのですが少し遅目に贈れば寒中見舞いの形で贈っても問題ありません。いつもお世話になっている方に御礼の言葉の代わりに贈るのがお歳暮です。早くしすぎてもお歳暮らしくありませんが暮れの時期はみんなが余裕がありません。お歳暮を渡そうと考えるなら遅くても12月20日までには贈りましょう。お中元を贈ったらお歳暮はいらないと言うことはできません。年に一度、贈り物をしたいのであれば、お中元にするよりもお歳暮を選んだほうが良いとされています。半年に一回お礼を形にして贈るのか、一年をまとめてお礼を渡すのかは自分の決めることです。
美白化粧品選びで迷っちゃう?おすすめの人気アイテムはコレ